専業主婦でも借りれるカードローン

収入のない専業主婦はお金を借りれるの? 親の入院費の支払いで急29万が必要になりました。
頼れる親戚もない私がお金を借りた先は専業主婦でも借りれるカードローンです。
初めてだったので分からないことだらけでしたが、何とかお金を借りられました。 ネットの情報もうまくまとまっていないものが多かったので、体験をまとめました。
他に困っている誰かの役に立つといいかなと思っています。

<目次>
専業主婦でも借りられるカードローンオススメ3社比較

最初に考えたのはお金の借り先はクレカのキャッシング枠と消費者金融
①クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる?
②アコム的な消費者金融でお金を借りる?

専業主婦が借りられるのは銀行だけと判明
①銀行では夫に内緒で借りれるか?
②申込みに条件はあるのか?
③いくら借りれるのか?
④金利でどれくらい余計に返さないといけないのか?
⑤申込みの手順は?
⑥住宅ローンなど他のローンに影響しないか?

カードローンを申込む時に思った疑問
①申込みに必要なものって何?
②申し込んだらすぐに借りれるの?
③審査で効かれる内容ってどんな事?

新生銀行カードローン レイクに申し込んでみました!
①無利息期間があるのがいい!
②WEBから申し込んでみた
③借入&返済出来るATMが充実。もちろんコンビニATMでもOK

カードローンを返済する時に思った疑問
①カードローンの返済はどうやってするの?
②毎月いくら返済するの?

他の人のカードローン申し込み体験談
①じぶん銀行
②新生銀行カードローン レイク
③静岡銀行

みんなどうしてる?お金のことアンケート
①専業主婦のカードローン事情アンケート
②生活費の平均アンケート


専業主婦でも借りられるカードローンオススメ3社比較

収入のない専業主婦がお金を借りれるのは銀行だけです。 その中でわたし的にオススメなのは、以下の3社です。

新生銀行カードローン レイク 【実質年率】
4.0~18.0%
【融資額】
500万円
静岡銀行 【実質年率】
4.0~14.5%
【融資額】
50万円
じぶん銀行 【実質年率】
2.4~17.5% auユーザー限定au割:1.9~12.5%
【融資額】
30万円
【融資スピード】
最短即日
【スマホ完結】

【融資スピード】
最短即日
【スマホ完結】

【融資スピード】
最短即日
【スマホ完結】

銀行カードローンでは珍しく利息0円期間がある 最大45日分の利息キャッシュバックあり auユーザーは金利の優遇がある

総合で高評価!銀行カードローンランキング

王冠第1位 新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク

実質年率
融資額
融資スピード
4.0~18.0%
500万円
最短即日

●ここがポイント
●初めてレイクを利用する人に2種類の無利息キャンペーンがある  
①借入全額を30日間利息0円  
②5万まで180日間利息0円
●平日14時までの手続き完了で、即日融資OK
●提携のコンビニ提携ATMが24時間365日手数料無料

●一言コメント
40代以降の人は『レイクって消費者金融じゃないの?』と不思議に思うかもしれません。 確かに以前は消費者金融として営業していましたが2008年に新生銀行の子会社となり、現在は「新生銀行カードローン レイク」というカードローンの一商品ととなっています。 貸金のノウハウがそのまま生かされており、他の銀行カードローンに比べてサービスが豊富かつ柔軟なのが特徴です。 金利ナシで元金だけを返せばいい期間を設けているのもビギナーユーザーには嬉しいサービスですね♪


王冠第2位 静岡銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク

実質年率
融資額
融資スピード
4.0~14.5%
50万円
最短即日

●ここがポイント
●最大45日分の利息キャッシュバックあり
●静岡銀行に口座がなくても即日融資OK
●セブン銀行ATMからの借入だと、24時間365日手数料無料

●一言コメント
「静岡県民でもないのに、静岡銀行から借りる必要なくない?」
とおもったあなた、選択幅を狭めていますよ!

知る人ぞ知る事実なんですが、静岡銀行は3大地方銀行の一つ。「地銀の雄」として名高い銀行なんです。

総資産では地方銀行第3位。その豊富な資産を背景に全国からのカードローンに対応しています。
最大45日分の利息キャッシュバックキャンペーンもそうした余裕の表れでしょうか。

借入が10万以下の場合、月々の返済は2000円から。無理なく返済していけますね♪


王冠第3位 じぶん銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク

実質年率
融資額
融資スピード
2.4~17.5%
auユーザー 限定
au割: 1.9~12.5%
30万円
最短即日

●ここがポイント
●auユーザーは限定で金利が最大年0.5%優遇される
●毎回の返済額は1,000円からOK!
●書類提出が原則不要で、ATM手数料も完全無料

●一言コメント
じぶん銀行とはauの母体のKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行です。 メガバンクの三菱東京だから、その安定性と信頼性はばっちりですよね。

そして一般的にインターネット銀行は店舗や人件費にお金がかからない分、金利手数料などが低めに抑えられるメリットがあります。 じぶん銀行ももちろんそのメリットを享受できます!auユーザーならさらに金利が安くなるau割もあり、書類提出原則不要など手続き面も面倒がなく申し込みしやすいですね(^^♪


最初に考えたのはお金の借り先はクレカのキャッシング枠と消費者金融

実は入院費用は129万でした。
医療保険が降りるまで1月ほど立て替えする必要があります。

親がすぐ用意できるお金は100万で29万を私が払うことにしました。入院中にお金の心配をさせるのも可哀想なので。

でも、
親戚→×関係悪くて借りれない。
友達→×恥ずかしいから話せない。
兄弟→×いない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
仕事としてお金を貸しているところからしか借りれないΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

私が漠然とお金を借りるところで思いついたところは…

(1)クレジットカードのキャッシング枠を使う
(2)アコム的な消費者金融でお金を借りる

です。
ちょっとネットで調べてみました。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるのはどうか?

学生時代に作ったクレジットカードが手元にあるんですが、そちらには最初からキャッシング枠が10万ついています。その枠を増額して借りられないかと思ったのですが…。
ちょっと調べると、以下のようなことが分かりました。

●キャッシング枠は申込者に収入があることが条件だから、収入のない専業主婦は審査に通らない。
※収入のない専業主婦でも配偶者の同意があればキャッシング枠に申込み可能です
【必要書類】
配偶者の同意書、配偶者本人が確認できる書類、配偶者との婚姻関係が分かる住民票のコピー

↓↓↓↓↓↓
夫に知られたくないから クレジットカードのキャッシング枠は除外

アコム的な消費者金融でお金を借りるのはどうか?

「はっじっめて~のアコム♪」とかよくCMしてますよね。 『もう最悪、消費者金融でいいや…。』なんて思っていたのですが、なんとその手も法律で禁止されていていました。

●総量規制という法律で、だれでも年収の3分の1を超える借入ができなくなくなりました。収入のない専業主婦はそもそも申し込みができません。
※規制を受けるのは貸金業者(⇒消費者金融会社、クレジット会社、信販会社)です。

↓↓↓↓↓↓↓
収入がない専業主婦は借入できないから 消費者金融からはお金を借りられない(>_<)

結論、
クレジットカードのキャッシング枠も 消費者金融も 主婦だとお金を借りられません!

専業主婦が借りられるのは銀行だけと判明

上でも話しましたが、貸金業者に認定されている消費者金融・クレジット会社、信販会社は、収入のない専業主婦にお金を貸すことができません。

意外にも銀行は貸金業ではないんです。(金融庁のサイトにも書いてありました)
なので、銀行は総量規制対象外となり、銀行カードローンだけが専業主婦が唯一借りられる場所になるんです。

こちらとしてみたら、日常生活で利用する場所だし、消費者金融よりもイメージが良いし逆に安心です。

借りれることが分かったら次に気になるのは、
(1)夫にばれずに借りれるか?
(2)申込みに条件はあるのか?
(3)いくら借りれるのか?
(4)金利はどれくらい?
(5)申込みの手順は?
(6)住宅ローンなど、他のローンを組む時に悪影響がない?

です。分かったことを詳しく説明していきますね。

(1)夫に内緒で借りれるか?

最大のネックである『夫に内緒』が本当にできるのでしょうか?夫に見つかるような行為がないか調べてみました。

申込みに夫の同意が必要ないか?

全ての銀行ではないのですが、同意書の必要ないところも多数あります。
「専業主婦カードローン」と明記してあって、専用の申込み枠があり、収入証明書&同意書が必要ないと書いてある場合が多いです。

申込みの際、店舗や行く必要がないか?

最近のカードローンは、来店から契約まですべてスマホやPCで行えるので、実際に店舗に行く必要はありません。
来店してカードローン専用ブースに入ったりする必要がないので、誰にも見られないで済みます。。

夫の職場や自宅に電話がかかってこない?

専業主婦本人の名義で申込んでおり、保証人も要らないので配偶者への連絡はありません。
自宅には申込者への在籍確認の電話がありますが、申込時に自分のスマホの電話番号を登録しておけば大丈夫です。
しかも、在籍確認ではカードローン会社は社名を名乗りません。
知り合いからの電話のように「山田と申しますが××様でしょうか?」と個人の苗字を名乗ります。なので、万が一夫が電話を受けてしまってもカードローン会社とはまったくわからないんですね。

また、電話をかけてもらえる時間も指定できる場合があります。WEBから申し込む際の備考欄等に「×月×日15時にスマホに電話してください」と伝えておくとより安心できますね。

郵送物はないか?

申込んだローンカードの発行、申込時の契約書発行、 、利用明細書の発行、滞納した場合の請求書の発行がありますが、郵送物がでないように対応できます。

●申込んだローンカードの発行
→→→
ローンカードを発行されたくなければ、自分が既に持っているキャッシュカードにローン機能を追加すれば、新しいカードの発行は防げます

●申込時の契約書発行
●利用明細書の発行
→→→
契約書等の書類は、申込み手続きをWEBで行えば、全てメールで送られてくるので、郵送を避ける事が出来ます。

●滞納した場合の請求書
→→→
返済を滞納した場合、100%郵送物が送られてきます。自業自得でどうしようもありません。

しかし、カードローン会社は家族にバレたくないという 利用者の事情をよくわかっているようで、
郵送物の差出人の場所には間違っても「××カードローン」なんて書いていません。
差出人名は、住所と「事務センター」となっている場合が多いようです。
パッと見は何の封筒かわからないので、開封しない限りは家族にバレることはないと思います。

今月息子の学校の月謝74,000円が足りません…(ーー;)

2月って…私学に通わせている親にとったら、本当に地獄。だって、学校の月謝が2か月分一度に請求だから。一月74,000円の月謝が2月分って…148,000円って”鬼”か〜って叫びたくなる。

ただでさえ成長期の息子はスクスク成長してくれるから、制服だって買いなおさないといけない。 ズボン1本10,000円が2種類あるから2本、冬と夏とで生地が違うから合計4本も作り直しが必要。それに加えて、足のサイズもぐんぐんデカくなってる!入学当初は23.5㎝でOKだったのに…1年後には25㎝になってる~!だから靴も買い直し。 通学の靴がローファー、通学用の運動靴、体育用の運動靴、体育館シューズ、上履きで計4足。全部学校指定だから本当に迷惑。定期代だって高いんだから~私学ってなんでこんなに高いの!

成長期なのはうれしいけど…お財布的には泣けてくる( ノД`)シクシク…
てなわけで、とりあえず至急必要なのは来月分の月謝なんです。私は今専業主婦でお金のあてはナシ…。 親に借りようか…思い切って旦那に相談しようか悩んでます。

もうこうなったら、専業主婦の最後の砦・婚約指輪のダイヤでも売ってお金にしようか?アコムやモビットとかでお金を借りようか?…本気で悩みました。

ネットとかあまり得意ではないけど…こんな時は文句も言っていられないので、自分でいろいろ調べてみたら… 専業主婦でも「銀行カードローン」というものだけがお金を貸してくれるみたいです。

カードローンって何?

無知ですいません…カードローンって何か皆さん知ってます? 私はカードローンとキャッシングの違いもよくわかりませんでした。
カードローンとは、 「金融機関から無担保で借り、分割で返済することが可能な融資」らしいです。

ローン用のカードを作って利用するのが多いので、「カードローン」と呼ばれているそうです。 ちなみに、キャッシングとカードローンの違いは返済方法のようです。
キャッシング⇒一括で借りたお金をかえす
カードローン⇒分割で借りた金を返す払いの返済
でも最近は、キャッシングとカードローンの線引きがあいまいになっているらしいです。

私的には、「カードローン」のほうが、イメージが良いですけどね(^◇^)

専業主婦が借りれるカードローンの金利はどれくらい?

法外な金利で借りたお金が返せなくなって、『おらおら、金返せよ~』ってチンピラみたいな人に殴られるっていうのが私の借金返済できない場合のイメージ。
でも、法外な金利も適正な金利も、ましてや専業主婦が借りれるカードローンの金利もどのくらいかまったく知りませんでした。
ちょっと調べると、金利3.5~14%とか書いてありますよね。 3.5%?車のローン位?なんて思ったんですが、よーく読むと、私のような初回で少ない金額を借りるような人間には高いほうの金利が適用されるみたいです。 つまり、14%のほう。3.5%は500万位と多額を借りる人向けの金利らしいです。な~んだ。そんなうまい話はないか…(・ε・`)

銀行だけが専業主婦の強い味方!

でも、どうして銀行は専業主婦の私にお金を貸してくれるんだろう? 銀行…って言ったらドラマの”半沢直樹”のドロドロしたイメージが頭をよぎります。
まあ、私は専業主婦なので5億円借りるわけじゃないし…今回私が必要なのは、74,000円なんです。
調べてみると専業主婦が借りれる金額は、大体決まってきて…どこも30万円が限度みたい。
どうしてかっていうと、専業主婦は返す当てが生活費しかないでしょ?生活費の中から返す事を前提に大体30万円って決まっているみたい。 貸してくれる理由も、旦那さんが働いて収入があるから働かなくても専業主婦で生きていけるほど余裕があるでしょと融資をしてくれるみたいです。

旦那は安定した収入があるし、30万円まで貸してくれるんなら、専業主婦の私でも借りれるかも!

(まとめ)
・夫に毎月安定した収入がある 専業主婦ならOK
・専業主婦でも30万円までなら借りる事ができる


専業主婦の私にお金を貸してくれる銀行ってどこ?

専業主婦の私でもカードローンでお金を借りれるというの分かりました。 次にするのは、どこの銀行が貸してくれるかって事だよね。 調べてみたら結構たくさんありました。


<専業主婦がお金を借りれる銀行>

・三菱東京UFJ銀行・東京スター銀行 ・横浜銀行 ・イオン銀行・みずほ銀行 ・楽天銀行・ソニー銀行


キャッシュカードにカードローン機能をつけられる!

銀行のキャッシュカードって1枚は持っているでしょ? 私も旦那の給料が振り込まれる口座や学校の指定口座用に、自分の名義で銀行のを2枚持っています。
キャッシュカードを持っていると話が早いんです。 それは、手持ちのキャッシュカードにローン機能をプラスするだけで、なんとお金を借りれるカードローン兼用のキャッシュカードにできるから!

しかも今まで使ってたので、審査は簡単です! キャッュカードなしで、カードローン専用のカードを作ろうとすると…即日融資は無理です。だってカードがその日には届かないから。 でも、カードローン兼用キャッシュカードだと、WEB申し込みですぐに機能追加してもらえてとっても便利ですよ! カードローン用のカードを財布に入れておくのも恥ずかしいし。。。

私は”みずほ銀行”で借りようと思うけど審査ってあるの?

今回私は、”みずほ銀行”で借りようと思って、”みずほ銀行”のサイトを見てみたら… 申込から審査まですべてがメールでできるから、わざわざ銀行に行かなくてもいいみたい。 知り合いに偶然会ったら嫌だなって思っていたけど、これなら誰にも会わずにカードローンが申し込めるから本当に助かります。

サイトを開いて申込画面を開いたら記入するだけ! でもね…銀行だけが専業主婦にお金を貸してくれるんだけど、実は審査が一番厳しいのが銀行なんだって。銀行の審査には、必ず正直に答えることが審査に通るために必要な最低条件みたい。嘘の記述は、人格を信用できないとみなされて審査基準をクリアしたとしても、次の審査で落とされるんだって。

審査で効かれる内容ってどんな事?

具体的にはこんな感じです。

<基本的な属性>
名前 性別 生年月日 住所 電話番号 など
<住居や生活状況>
住居区分・居住年数・配偶者の有無・子供の有無・家族と同居か別居・税込年収・利用中の他社無担保ローンの件数と金額 など
<勤務先>
勤務先名 勤務先住所 勤務先電話番号 勤務先の業種 勤務先での職種 勤務年数など

必ず嘘の記入、記入漏れ、誤字脱字に気を付けて記入しましょう。

借審査に通ったら次は必要な書類を準備!


<必要書類>
・身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票、年金手帳など)

今回私は、銀行のキャッシュカードを持っていたから、用意する書類は”身分証明書”だけでよかったので助かりました。市役所に取りに行かなくても自宅にある書類で簡単に済むのは、急いでいる時には助かります。 準備ができたら、カメラで撮影して送信するだけ。「こんなに簡単でいいの?」っていうくらい簡単でした。あとは、銀行からの返事を待つだけです。早く返事がほしい人は、午前中に審査の申し込みをすると、返事も早いみたいなので時間帯も気にして申し込むといいかもしれません。 専業主婦の私でも旦那のおかげで銀行からお金を借りれました。旦那様様なんですが…旦那には絶対にばれたら困る私だけの内緒のカードローンです。

カードローンの返済はどうやってするの?

お金を口座から引き出した後は、ローンの返済になるのですが、いったいどうやって返していくのでしょう? 私が借りたみずほ銀行カードローンでは、返済方法が3つありました。

①銀行口座からの自動引き落とし
②ATMでの任意返済
③みずほダイレクトでの任意返済


①の自動引き落としでは、毎月10日に1万円が引き落とされました。 (50万より少ない金額で借りると最低1万円の返済がぜったいあるという事。)
②のATM返済は金利部分の返済はできないので、あまり利用価値がなく使いませんでした。
③のみずほダイレクトはいわゆるネットバンクです。 私はたまたまみずほダイレクトに利用者だったので、多めに返済できるときはこちらから繰り上げ返済していました。こちらは便利でした。

返済について私が思った事

カードローンって借りる時までは『いくら借りれるだろーっ』と借りることばかりで頭がいっぱいなのですが、返済期間のほうが長いので、自分が毎月いくら返せるかよーく考えて借りる額と返済額を決めましょう。

ちなみにカードローンの借入残高に対する毎月の返済額の最低ラインは銀行によって結構変わります。 ざくっと目安を言うと、10万円借りたら、ひと月に2,000円~10,000円でしょうか。これは銀行によって違うので借りるときに確認するようにしてくださいね! 最低返済額が低ければいい銀行とも限りませんよ。 ナゼかというと毎月の返済が少ないとおサイフは楽なのですが、利息が継続的にかかるということなので、長い期間借り続けるということは、利息の支払いもそれだけかかるということ。もったいないですよね。

カードローンを借りる前に、まず自分に合った返済シュミレーションを立てましょう。 無駄な利息を払い続けるのはもったいない”借りたらサッサと返すこと!”がカードローンで借りる時の鉄則です。

専業主婦でも借りれるカードローンの参考サイト

実際にお金を借りてみた主婦の体験談はとても参考になりますよね。下記サイトは見やすくてオススメですよ。

専用主婦でもバレずに借りれるカードローン

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ